23ワイルドライフ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も御苦労さん^@^大森山動物園

23の近所にある大森山動物園

 

今年も11月イッパイで今年の営業が終わった

 

地方の動物園だし、特別珍しい動物が居る訳ではないけど

動物達の展示方法を変えたり、お客さんとの触れ合いの時間を作るなどの職員の努力もあり

沢山の人が見に来るようになった 23が子供の頃は、単純に鉄の檻に入れられて寝てる動物を見るだけだったのだが、今はライオンはライオンらしく広いスペースで動き回り

大きな猿山や泳ぐペンギンなど、檻の無い「見せる動物園」に徐々に変化してる

 

29日の日曜日は今年最後の通常営業最終日でもあり、久しぶりの休みだった23は午前中に行ってみた

 

大人の入場料は500円だが、23は1200円で年間パスを買ってるからお得に見れる

今年は10回くらいは行ってるから

 

23の顔を覚えてる職員も増えてきたかも  カメラは常に持って行ってるが、ガシガシ撮ってる訳ではなく、缶コーヒーを飲みながら一服したり、中央にある広い芝生に寝て空を見たり、散歩のように過ごすのだ 大体1時間~2時間くらいか・・

 

 


 

お子様の手を追いかけるペンギン
人間にも慣れたもんだな~
 

さすがに冬は元気だね~

「オッス23
 
 
 
 
ウサギやモルモットなどが子供達との触れ合いの時間を


 

耳が寝てるウサギ・・・

 

職員の皆さんが一生懸命世話をしてても
病気や寿命が尽きて亡くなってしまう動物は居る
 
毎年恒例の慰霊祭
 
23も手を合わせて冥福を祈る・・・
 

 

骨までシャブって昼寝する王様
 
年明けも「冬の動物園」として土日営業を開始する
 
23の童心動物園通いは年中続くのだ・・
 
 
またな・・・


スポンサーサイト

中村征夫ギャラリー「ブルーホール」

先日オープンした23の大好きな写真家 中村征夫氏のギャラリーに行って来た

 

名前は「ブルーホール」

 

23の家から40分くらいの隣町の飯田川の大きな酒蔵を改装して立派なホールになってる

彼の故郷に常設ギャラリーが出来るとは23としても喜ばしい事だ~ 200円で氏の素晴らしい写真が年中見れるワ~イ

 

氏は世界的水中カメラマンで、写真集はもちろん、NHKや民放の水中ドキュメント番組などによく出てくるから、写真を撮らない人でも顔は知ってる人は多いと思う

http://www.seaandsea.co.jp/photographer/ikuo_nakamura.html

 

南国の綺麗な海はもちろん、水中モノクロ写真集や東京湾の逞しく生きる魚達の写真など独自の世界で活躍してる方だね

 

 

 

 
ここが入り口
 
内部は当然だが撮影禁止

氏が受賞した賞の数々
 
23が知ってる賞は殆ど全部受賞してるな・・・
 
水中写真のイメージが強いけど、
美しい浜辺や鳥、ウミガメの産卵などの写真も沢山あった

今までに開催した写真展のフライヤーが外に展示されてた
 
内部はかなり広々としており
大きなパネル写真がビッシリ展示されてた
 
中でも畳4畳以上ありそうな大きな1枚紙のプリントが数枚ドーンと貼られてるのは圧巻だ~
 
そこまで大きいプリント耐えられる氏の写真のクオリティーは流石・・どの写真も完璧な出来・・・
 
作品はエプソンが協賛しており
写真は全てエプソンの超大型プリンターでプリント
 
照明機器はパナソニックが協賛
 
さすが世界の中村氏・・・
バックアップ体制も凄いもんだな・・
 
写真以外にも、愛用のハウジングやウエットスーツも展示
 
ホールの真中では氏が寄贈した沢山の本や写真集を読むスペースや
彼の撮影のドキュメント映像がモニターに流れてたりする
 
売店では氏の写真集やグッツ
ココ「太平山 醸造」の美味い地酒や味噌・醤油も売ってるよ

酒蔵などの見学も行われてるので
近くに来た人は絶対に行くべき
 
 
ついでだから23は男鹿半島に向かった

途中、見事な虹に遭遇・・・二重だし・・
 
こんなクッキリ見える虹は久しぶりに見た・・・
しかも近い
綺麗な半円になってたが広角24mmでも撮れない近さ

 

 
北浦漁港に立ち寄り
 
 
男鹿半島先端近くの戸鹿湾に夕日を撮りに
 
しかし到着がちょっと遅かったようだ・・
雲もイマイチ
 
撮ろうとしてたアングルはこんな感じ
 
イメージではもっとオレンジ色の空だったんだけどな~
 
次回挑戦してみよっと

磯の岩の間からザブ~ン カシャカシャ

 
うわ
思ったより大きいのが来た~
 
 

 

バシャ
 
うひゃ~
海水を思い切り被った
 
自販機でミネラルウオーターを買って
カメラにジャブジャブかけて洗う・・・
 
真水は問題ないのだが海水だけは勘弁だぜ・・・

最後の写真、ちょっとだけNikで加工
 
荒々しい日本海の海・・・演歌だな・・・
 
 
ニコンD3
 
AF-S 24-70F2.8
 
ISO 400
 
AE  F9
 
RAW
 

 


写真展と夕日の一日

先日紹介した友人の写真展に午後から行ってきた

 

 

 
齋藤大悟写真展
「海辺に流れる時間と静寂」

彼は23の住む場所より少し南に住んでる
 
常に海を意識して過ごしてるのかも
 
彼が撮る海は23と同じ日本海
トロピカルな南の海とは違う日本の海
凍るような静寂・・時には派手な色彩の海
 
男らしい荒々しい日本の海
日本は基本的に大陸から風が来る
だから彼と23の見る日本海の海は波が陸に打ちつける・・
 
同時に雲も海の向こうからこっちに来る・・そして夕日は海の向こうに沈むのだ・・
 
太陽は海に沈むのが当たり前の日々を送ってる・・
だから日も長い・・

 
常に沢山のお客さんが来ていた
 

 
彼は特に高級な機材は使って無い
普通のカメラと普通のレンズ
それでも、ここまで撮れるのだ
 
作品は全てフィルム(ポジ)で撮ってる
 
それらをしっかり使いこなし、
信頼出来る職人にプリントしてもらってる・・
ポジでは、手焼き職人の腕は大事だ

 
写真はどれも素晴らしい刺激を受ける内容だ~
 
彼は23より徹底してる
23のように帰宅の帰りに寄り道してチョコチョコ撮るのとは違う
 
その瞬間まで待ち
 
海に腰まで浸かり
 
時には冬の海に足を入れる(これはカナリきつい・・)
 
何を撮りたいのかハッキリしてるのだ
 
執念や苦労も写真から伝わる・・・情熱も・・
 
今後の活躍も期待してる~~
 
 
 
 
 
こちらは23がチョコチョコ撮った怠け者写真・・アハハ
 
海に続く道路がキラキラ輝いてた

 
ちょうど雨雲の切れ目から太陽が
 

 

 
この時期の秋田はこんな日が多い・・
 
高い雲、低い雲・・全部混ざって立体的に見える
 
 
印象的な雲とのコラボを撮るには最高の季節だ
 
23もこの雲が撮りたくて海を見る機会が増える
 
 
海の向こうから、ドンドン違った形の雲が来る・・・
太陽を隠したり、顔を出したり・・同じ景色は無い
 
雲の流れは早い・・・グングン東に流れ去る・・

 
ニコンD3
 
フォクトレンダー ウルトロン 40mm F2
 
マニュアル露出  ss400前後  F8
ISO 200
 
 
 
またな・・・

 


友人の写真展

23の友達が写真展を開催する^^

 

23と同じ沿岸の海を愛してる彼は23の何倍もの時間を海に費やしてる^^ 

 

彼は23以上にこの海が好きなんだ^^

 

とても気さくでナイスガイな彼の写真展・・・23も23日、月曜午後に見に行こうと思う^@^

 

http://sd5-photolife.de-blog.jp/blog/2009/11/daigo.html

 

週末時間がある人は是非見に行ってほしいな~^^

 

 

 


「D3」 フォクトレンダー ULTRON40mmF2

久しぶりにオークションで買ったレンズ
 
コシナ フォクトレンダー ULTRON 40mm F2
 
D3に付けると異様に小さく見える「パンケーキ」レンズだね
厚みは2cmくらいかな・・

 
元箱無しで、付属されてるクローズアップレンズも無し、、、ってことで
安く手に入れた
 
40mmとハンパなのだけどD3で40mm、D300で換算60mmで
どっちで使っても、なんちゃって標準レンズとして使える
 
このメカチックで黒いデザインは、
予想通りにブラックが発売になったオリンパのE-P2や
パナソニックのGF1のブラック
にも似合うだろう
 
ニコンの35mmF1.4も持ってるから少しカブるけど
こっちは電子接点が付いてるし、デザインが気に入った
 
コシナにはご存じカールツァイスのレンズも売ってるのだが
持ってる人も多いし、なんつっても高い
 
 
40mmか・・・・・50mmくらいの単焦点って23は凄く苦手なんだ・・
 
単焦点なら24~35mmくらいが一番23と相性がいい・・
 

で、早速試し撮りに出かけた
 
外で撮りたかったのだが、あいにくの雨
 
温室に行ってみた
 
絞りは開放F2
 


 

クリスマスが近くなってきてポインセチアは沢山あった

単焦点はピントが決まれば気持ちいいな~
なかなかのボケ味

ピントをちょっと外すと・・こんな感じで眠い描写に・・
目じゃなく手にピンが・・・・やっぱ下手だな・・・修行せねば・・


 


 

 
う~~これもちょっとピンが甘い・・・イカン
 
 

 

帰りの途中・・
 
厚い雲の切れ間から夕日が・・

 

夕日は絞りF8
 
変なゴーストは無い・・
逆光でもOKのようだ・・抜けの良さも単焦点ならでは
 
 
 
次は同じくコシナのカラースコパー20mmF3.5あたりが欲しいな~
 
 
でもD3にはレンズ小さ過ぎかな・・・通が見ればカッコイイんだろうけど
普通の人が見たら笑われそう・・
 
 
またな・・・



プロフィール

23

Author:23
フリーフォトグラファーの仕事してるよ^^ポートレートからスポーツ、ブライダル、イベント・頼まれれば何でも撮ってるぜ^3^v ワイルド・・そしてフレンドリーが23の生き方さ・・^@^
23が写真に求めるもの・・・それはインパクト・・そうありたい^@^
カメラはニコンを使ってます^^ この男っぽさがイイね^@^
主要テリトリーは秋田県^^田舎だけど俺が愛する場所なんだ^^
リンクフリーです^@^
なお、2010.3.31以前の内容は引っ越し前のブログ「CURURU」からの移転記事なので絵文字など正確に反映されてない場合がありますので了承ねがいます^^

最新記事
FC2ブログランキング
皆のパワーを頂戴!! 頑張れる源^@^! ↓クリック↓

FC2Blog Ranking

最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
年別アーカイブ一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Copyright © 23ワイルドライフ  All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。